オリジナルステンドグラスで生活を彩りませんか?お客様の「こだわり」を大切にしたステンドグラスを全国にお届けします
建築以外のステンドグラス

ステンドグラスを先人は、どう?使ったか?

古代ローマ時代には建物の窓に木枠を用いてガラスをはめこんでいたものがあったとされています。6世紀にはフランスのサン・マルタン教会の窓に色ガラスがはめられています。7世紀から8世紀にはモザイク芸術の影響を受け色ガラスの欠片を組み合わせたステンドグラスの原型といえるものが誕生ていたようです。

中世ヨーロッパの教会

中世、ヨーロッパで大変貴重で高価な色ガラスの製造をしておりました。

その色ガラスで聖書の物語をガラス絵(ステンドグラス)にして教会の窓に取り付け、

文字の読めない人々にガラス絵でキリストの教えを伝えたと言われます。

ステンドグラスは、教科書だったのですね。

教会のステンドグラスが光をあびて輝きだすとき、何とも言えず神聖な感じで深い感銘を受けることでしょう。わたしたちの心に深い感動を思い出させてくれます。満足と愛着、そしてひそかな誇らしさが高まってきます。

 

サン・シェルピス教会堂(サン・シェルピス)  

アムシュタイン教会(オーストリア) 

サン・シェルピス教会堂(サン・シェルピス) 

サント・シャベル(パリ)

メッツ大聖堂(メッツ)

ノートルダム大聖堂(シャルトル) 

 

スタジオ・グラス運動

1960年にアメリカでスタジオ・グラス運動が起こり、それを中心に世界的なグラス・ブームが起こる。その影響で建築物が機能主義一辺倒から脱出します。光を通して(透過光)で表現するステンドグラスは、光の演出(デザイン)というテーマでインテリアとして見直されてき ます。

 

プレイリースタイルの代表的な建築物の中のステンドグラスやシックでやさしい色使いのステンドグラスが優雅に玄関を装い、古くからヨーロッパの人々に愛されてきたステンドグラスは光の演出のアイテムとしてスペースを表情豊かに彩り、センスの良さを感じるシックな色調の気品が個性的な空間の演出をいたします。その後のニューグラス運動は、(色の氾濫)とまで評されたアールヌーボー・アールデコ時の色彩の使用過多による(単なる光る壁面装飾)から建築空間の光の演出を真剣に考えるようになった。

聖マリアン教会(ドイツ) 

聖マリアン教会(ドイツ) 

証券取引所(アメリカ)

証券取引所(アメリカ) 

 

日本(明治・大正)

日本にステンドグラスが仕上がった状態で入ってきたのは、慶応元年(1865年)長崎大浦天主堂にフランスのル・マン市にあるカルメル会修道院」から(十字架のキリスト)の像が贈られたのが古いとされている 。それ以後にも、仕上がった状態で輸入されているものが相当数にのぼると思われる。

キリスト教文化や、近代洋風建築とともに流入したステンドグラスが日本人の手で作られるようになったのは、明治の中ごろから後のことです。

国会議事堂・中央広場(1920年~1936年)

国会議事堂・参議院議事場(1920年~1936年)

国会議事堂(1920年~1936年)

名古屋市市制資料館(旧名古屋高等裁判所)1922年  

 

明治に入って国家としての形式を急速に整えようとした明治政府は、多数の(お雇い外人)を雇うことにより西欧化しようとした。その中で建築・土木関係で有名なコンドル(JosiahConder英)は多数の建築の中にステンドグラスを入れることになる。岩崎邸・島津邸・三井娯楽部 等次いで、政府は独人エンデとベックマン(H・Ende W・Bochmann)を雇い入れ国会議事堂はじめ司法省・裁判所などの集中した建築の大計画をたて臨時建築局を組織した。

 名古屋市市制資料館(1922年)

大阪市立中央公会堂(1918年)

大阪市立中央公会堂(1918年)

京都 都ホテル(1914年)

 

フランク・ロイド・ライト

20世紀前半に活躍したアメリカの建築家フランク・ロイド・ライトの確立したステンドグラス には色を極度に制限した数多くのステンドグラスの作品があります。日本には、帝国ホテルの旧館など優れた作品が残されています。

ドイツのシャフラットは無彩色と言っていいステンドグラスを造形しています。 そこには色らしい色はありません。そこにあるのは、透過する光の美しさです。

ステンドグラス教室
ステンドグラス(インテルア・ギフト)
ステンドグラス・キット
ステンドグラス雑学

ホーム

はじめての方へ ステンドグラスの魅力 ・ルネットとは ・わたしがご案内いたします

選ばれる理由  わたしたちの強み ・美しい線と豊富なカラー ・技術について ・類似品との比較 

          ・プロのノウ、ハウ考えの整理 制作者の選択 ご確認事項 取付までの手順

          お客さまの声施主 プロ

デザイン    人気のデザイン花、鳥、動物、自然 幾何学、パターン アート 小窓 線画

                                   ・オリジナルデザイン具体例、oさま お客さまのデザイン

施工実績    欄間 ・階段 ・玄関 ・リビング ・ドア ・小窓 ・Fix デザインで施工例を見る 

                                  ・最近の施工例一般住宅 公共施設 教育施設 ホテル、マンション 医療施設 商業施設 

                                     教会、宗教施設

建築以外のステンドグラス 教室 ・キット ・インテリア、ギフト ・雑学歴史用語集

会社案内 よくあるご質問 ご注文について お問い合わせ カタログダウンロード 

特定商取引法に基づく表記 プライバシーポリシー

・ステンドグラスをお届けするまでの流れ

ステンドグラスをお届けするまでの流れ

・お支払いについて

代金引換・銀行振り込みでお願いします。

・梱包・送料について

【350×350以内 6,600円】【350×350~800×1,600以内 11,000円】【800×1,600以上 事前ご相談ください】

・返品・交換について

お客様のご都合によりご返品にはご対応できかねますのでご承知ください。商品到着後、中身のご確認を必ずお願いいたします。商品には万全を期していますが、不良品・誤送品があった場合は直ちに対応させていただきます。商品到着当日内にご連絡ください。それを過ぎますと返品交換のご要望はお受けできなくなりますので、ご承知ください。

※詳細は【特販法に基ずく表示】をご確認ください。

 

 

あなたのご連絡をキリンのように、首を長~~~くして、お待ちしております。 

電話:0587-54-6908(営業時間 AM9:00~PM6:00 定休日 土・日曜・祝日)

 FAX:0587-55-9777  E-mail:susumu.sgo.e.stainedglass@gmail.com

3営業日以内にお返事をいたします、もし返事が届かない場合はお手数ですが再度お送りください。