オリジナルステンドグラスで生活を彩りませんか?お客様の「こだわり」を大切にしたステンドグラスを全国にお届けします

【ステンドグラス】技術の比較!

 ステンドグラスを用いて空間を演出するという発想は昔からあるにもかかわらず従来型ステンドグラスや様々な装飾ガラスには、実用性が乏しい現実がありました。実現性を阻害している要素を無くして、安全に手軽にステンドグラスを楽しんでいただけるのが「ルネット」です。

従来型ステンドグラスもルネットもそれぞれに特徴があります。取り付けられる・場所・予算・イメージ等で適切な制作方法を選んでいただければと思います。

従来型ステンドグラス

 中世ヨーロッパの教会を中心に発達したステンドグラス制作技術がアンティークステンドグラスです。

色ガラスをカットして組み合わせていく方法です。

 

色ガラスの風合いが美しく重厚感がありますが、ケイムのつなぎ目が弱く、安全性に不安があります、多くの場合はステンドグラスを強化ガラス(2枚)で挟んで取り付けます。

 

制作期間が長く納期的な問題もあります。

(1㎡当たり 40~80万円)

SGO工法

 

安全に手軽にステンドグラスを楽しんでいただけるのがSGO工法です。

1974年にアメリカで開発されたのがSGO工法です。一枚のガラスで制作しますのでガラスの強度を保っています。万一の場合も飛散防止効果があり、安全です。

 

ラインは従来のステンドグラスよりなめらかに美しく仕上がります。

 制作期間は1㎡の大きさで2週間程度で建築の進行状態に合わせることができます。

(1㎡当たり20~35万円)

従来型ステンドグラスの構造
SGOステンドグラスの構造

  従来型ステンドグラス ルネット(SGO工法)
素材 色ガラス・ケイム カラーシート(マイラー)・線
安全性 ×
デザイン 制約がある 自由
保守性 ×
気密・水密性 ×
耐久性
施工性 ×
 価格 50~80万/㎡  25~35万円/㎡
歴史

『ステンドグラスはいけど、何からしていいのか?何を聞いていいのか?分からない』という方は、たくさんおられます。問題も人それぞれです、聞きたいことも人それぞれ。あなたはステンドグラスのプロではないので当たり前です。取り合えず、資料を送れ~~~!も大丈夫!!

25年の経験と500件の制作実績があります。お役に立てることがあればお気軽にご連絡ください

 電話:0587-54-6908 FAX:0587-55-9777 E-mail:susumu.sgo.e.stainedglass@gmail.com

 

あなたのご連絡をキリンのように、首を長~~~くして、お待ちしております。 

3営業日以内にお返事をいたします、もし返事が届かない場合はお手数ですが再度お送りください。